直接税と間接税

直接税とは、所得税や法人税など、税を払う人が、直接国や地方に納める税のことです。所得税については、サラリーマンは自分で申告していないと思いますが、会社に扶養控除等申告書等を提出し、会社が年末調整をすることで、本人の代わりに申告をしてくれています。

間接税とは、消費税や酒税、たばこ税など、税を払う人と納める人が異なる税のことを言います。つまり、間接税の場合は、税金を納める人が税金分をモノやサービスの価格に上乗せし、実質的には消費者が税金を負担するような仕組みになっています。