超過累進税率

累進課税方式とは、課税所得額が大きいほど、より税率も高くなる課税方式のことで、日本では所得税・相続税・贈与税などで、この累進課税方式が採用されています。

これは、所得や財産の多い人のほうが税金を負担する能力が大きいだろう(これを「担税力」といいます。)という考え方と、所得の再分配のため、つまり、特定の人に財産が集まりすぎないようにするためにこのような仕組みになっていると考えられています。

所得税・相続税・贈与税・法人税・各種税率表