申告納税方式と賦課課税方式

税金を納める方法には、申告納税方式と賦課課税方式の2つがあります。 

申告納税方式とは、自分自身で各種税法に基づき課税価格(税金の対象となる税率をかける前の金額)や税額を計算する方法で、所得税、法人税、相続税、贈与税、消費税などすべてこれにあたります。 

賦課課税方式とは、国等の税金を徴収する側が納付すべき税額を確定する方式で、国等が納付すべき税額を「賦課決定通知書」を交付し、税金を納める人はこれに基づいて納付します。代表的なものは固定資産税で、自動車税、不動産取得税などもこれにあたります。