税務お役立ち情報

給与所得控除については「勤務費用の概算控除」と「他の所得との負担調整」(クロヨン・トーゴーサン)の性格があるとされています 詳細はこちら

 日本人の平均寿命が延び、被相続人だけでなく相続人自身も高齢化が進んでいるため、消費意欲が旺盛な若年世代への資産移転が進みにくくなっています。 詳細はこちら

 現在の相続税の基礎控除額は、バブル期の土地や有価証券の価格急騰に対応するための負担調整として引き上げられたまま据え置かれており、 詳細はこちら

平成22年12月16日の臨時閣議で、平成23年度の税制改正大綱が決まりました。 詳細はこちら

税金を納める方法には、申告納税方式と賦課課税方式の2つがあります。 詳細はこちら

累進課税方式とは、課税所得額が大きいほど、より税率も高くなる課税方式 詳細はこちら

直接税とは、所得税や法人税など、税を払う人が、直接国や地方に納める税のことです。 詳細はこちら

前回は小規模企業共済制度について制度の概要から掛金の取扱いまでご説明しましたが、今回は、退職や死亡、解約した際の共済金等の支払いについてみていきたいと思います。 詳細はこちら

小規模企業共済の掛金は全額を小規模企業掛け金等控除として、課税対象となる所得から控除することができます。

では、具体的に小規模企業共済に加入することによりどの程度税額が低くなるかシミュレーションしてみましょう。 詳細はこちら

このたび加入対象者が拡大された小規模企業共済制度ですが、これはまず、 詳細はこちら