法人税務顧問業務

中小企業の経営者の皆様へ

中小企業の経営者にとって、会計事務所は、唯一無二の相談相手であることがほとんどです。
その唯一無二の相談相手である会計事務所をどこにするかが、会社のその後の成長を大きく左右します。

私たちは、お客様の会社の成長を支えるため、日常の業務フローの中でのお客様とのコミュニケーションを通じて、お客様のニーズに合ったサービスを、ご提供いたします。

業務の流れ

1.現状の経理業務フロー確認

新たに顧問をさせていただく際には、まず会社の経理の流れや証憑書類の状況を確認します。
まず全体の流れを把握することで、非効率や不完全などの問題点を抽出します。

2.会社の経理業務の内容改善と目標の設定

現状の問題点を抽出したら、業務内容の改善についての具体的なご提案をいたします。
しかし、会社の経理のレベルによっては、いきなり高度な仕組みを作ると、混乱を起こしてしまう場合がありますので、無理のないスケジュールで、徐々に経理レベルを上げてゆくように、お客様と話し合いながら、目標の設定とスケジューリングを行います。
そして、最終的には、会社の経営状態を分析するために必要なデータが、瞬時に出てくるようように、かつ不正などを予防する仕組みを組み込んだ、経理システムを構築します。

3.月次訪問の開始

1~2カ月に1度訪問し、2.で設定したスケジュールに基づき、スムーズに経理レベルを上げれるように分かりやすく徹底的にご指導いたします。

4.社長との面談

ご訪問の際には、社長との面談の時間を、大切にしております。税務経理に限らず、社長がその時その時に抱えている、悩みや問題についてお聞きし、内容によっては、他士業とのネットワークも活用しながら、問題解決へと導きます。
また、会社の営業活動についても、自身の経験から積極的にアドバイスし、会社の成長を支えるために、積極的にサポートしたします。

5.月次試算表のご説明

経理が軌道に乗れば、ご訪問の際に月次試算表を作成し、月次決算内容や、経理改善点についてご報告をし、改善点についてはご相談の上、今後どのようにするかについてのスケジューリングを行います。

6.決算予測と決算対策

決算の2カ月前までに決算の予測をし、社長のイメージする利益と税額に近づけるよう、御社にぴったりな節税対策を、ご提案いたします。

7.決算報告

税額控除等の優遇規定があるものについてはもれなく適用し、かつ、金融機関の格付け対策も意識した、決算書・申告書の作成を行い、その決算書に基づき、経営成績と財務内容について、状況をご報告し、今後の課題と目標の設定について話し合います。
また、当事務所では、事業会社の決算報告の際には、キャッシュフロー計算書を必ず作成し、必要に応じて経営分析書の作成もしております。

8.税務調査

当事務所では、基本的に全顧問先の申告書について、書面添付を行っております。
書面添付をしていれば、まず税務調査の前に、税理士に税務署から連絡があり、税理士が税務署に出向き、会社の概要、決算や税務処理の内容について説明します。
この意見聴取で、実地調査省略の判断がでることもあるため、調査省略の判断をもらえるように尽力します。