個人税務顧問業務

資産家の皆様は、さまざまな悩みをかかえておられます。ご先祖から受け継いだ伝統やしきたり、ビジネスや財産を、どう守り発展させ、次の世代に引き継ぐか。資産の運用をどうするか。相続税の問題。争族の問題等々。

私たちは、そんなお客様の悩みに真摯に立ち向かい、お客様をさまざまなトラブルからお守りすることで、お客様とそのご家族が、平穏に安心して日々を過ごせるようにすることこそが、私たちの使命だと考えています。

資産税は、やり方次第で税額が大きく変動する可能性がある税目です。
つまり、税理士の手腕次第で税額が大きく変動しうる税目であるいえます。
また、目を配らなければならないのは、税金のことだけではありません。老後のことや、親族間の人間関係にも、配慮することが不可欠です。

業務の流れ

1.現状の確認

新たに顧問をさせていただく際には、まずお客様とそのご家族の家族構成、所得の状況、保有資産の状況などを、ヒアリングいたします。
また、お客様とそのご家族の将来設計や夢についても、お聞かせいただきます。

2.ファイナンシャルプランニング及びタックスプランニングのご提案

1.の内容をもとに、ファイナンシャルプランニング及びタックスプランニングを作成し、場合によっては、相続税のシミュレーションも作成し、ファイナンシャルプランニングの改善提案や、節税についてのご提案をいたします。

3.月次訪問の開始

2カ月に1回程度訪問し、2.で作成したご提案に基づき、計画がスムーズに進んでいるかをご確認いたします。

4.お客様との面談

ご訪問の際には、お客様との面談の時間を大切にしております。
税務に限らず、お客様がその時その時に抱えている、悩みや問題についてお聞きし、内容によっては、他士業とのネットワークも活用しながら、問題解決へと導きます。
また、単に節税のことだけを考えるのではなく、お客様やご家族の人間関係等の環境まで考慮し、お客様にぴったりのアドバイスを、オーダーメイドで行います。

5.資産運用のアドバイス

独立したファイナンシャルプランナーの立場から、お客様の資産運用について、お客様の視点に立ってアドバイスいたします。
とくに、不動産の有効活用については、不動産の有効活用の提案営業をしていた経験から、不動産投資についての収益計算から条件交渉、契約書作成時のチェックポイントに至るまで、的確にアドバイスいたします。(内容によっては別途報酬を頂く場合があります)

6. 確定申告

確定申告書を作成し、所得計算の決算内容に基づいて、お客様にご報告いたします。
その際に、再度ファイナンシャルプランニングやタックスプランニングについて、改善できる点がないかの見直しをおこない、改善できる点があればご提案いたします。

7.税務調査

当事務所では、基本的に全顧問先の申告書について、書面添付を行っております。
書面添付をしていれば、まず税務調査の前に、税理士に税務署から連絡があり、税理士が税務署に出向き、お客様の決算や税務処理の内容について説明します。
この意見聴取で、実地調査省略の判断がでることもあるため、調査省略の判断をもらえるように尽力します。