世代交代支援(事業承継対策/相続税対策)

オーナー企業や資産家にとって、相続は非常に重要な課題です。
世代交代に際して重要な課題は、1.事業承継、2.財産承継、3.争族防止があげられます。

事業承継対策

中小同族会社にとって、後継者の選定・育成と、円滑な後継者への経営承継は、非常に重要な課題です。
円滑に後継者への事業承継を行うには、後継者はもちろんのこと、一族や社内外の関係者の理解と協力を得ることが不可欠です。

そこで、私たちは、円滑に次世代に経営を承継できるように、承継計画をプランニングし、事業承継が円滑に進められるようにサポートいたします。

①事業承継計画の作成

現社長と後継者の方のお考えをヒアリングし、その内容に沿った事業承継計画を、自社株対策を含めてプランニングします。

②事業承継計画の経営計画への落とし込み

①で作成した事業承継計画を、実際の経営計画に落とし込み、計画通りに着実に実行できるようサポートしていきます。

自社株対策

中小同族会社は、経営=保有の関係であり、事業の承継とともに、自社株の承継も、重要な課題です。

会社の支配権とは、言い換えると議決権であり、議決権は通常は、持株割合とイコールの関係です。したがって、経営の安定のためには、株式の保有の集中が不可欠です。

そこで、私たちは現社長と後継者の方のお考えをヒアリングし、事業活動・相続税・争族問題の各方面を考慮し、最適な方法をご提案いたします。

①現状の把握

株主名簿等から株式の分散状況を確認し、株式保有一覧表を作成し、課題を抽出します。

②自社株の評価

財産評価基本通達に基づき自社株の評価をおこない、相続税評価額による財産額の全体像を把握します。

③株式移転計画の作成

①・②で把握した内容を基に、後継者の方が、安定した経営をするために必要な会社の支配権を確保するために必要となる、株式の最終的な移転計画を作成します。

④自社株の株価対策と自社株の移転

継続的にサポートしながら、自社株の評価を下げるための対策をおこない、経済状況の変化を見極めながら、株式の評価額が低くなるタイミングを見計らい、計画的に株式の移転の実行をしていきます。

相続税対策

世代交代の際に、大きくのしかかってくるのが相続税です。
しかし、この相続税は、生前にしっかりとした対策を講じることで、大きく低減させることができる場合もあります。

そして、相続税の納税資金の確保も必要となってきます。

そこで私たちは、お客様とご一族の保有財産の状況をヒアリングし、お客様の状況に応じた最適な節税対策のご提案をいたします。

①相続税額シミュレーションの作成

お客様と一族の保有資産の状況をヒアリングし、現状において、相続税の対象となる財産の相続税評価額がいくらになり、相続税の納税金額がいくらになるのかを、二次相続まで含めて試算いたします。

②課題の抽出

①で試算した内容を基に、自社株・不動産・金融資産について、評価低減のための対策がないか、相続税額を低減する対策がないか検討し、また、相続税額の納税についての納税資金が確保されているかの確認を行います。

③課題解決のご提案

②の検討の結果をふまえ、お客様のニーズに沿った対策のご提案をいたします。

④対策の実行

継続的にサポートしながら、対策を順次実行していきます。

争族対策(遺言書の作成)

世代交代の際に、非常に重要になるのが、一族での争いを避けることです。

また、会社の後継者には、会社を安定して経営していくうえで、自社株のほかにも、取得しておくことが望ましい相続財産もあります。

そして、何といっても、財産をお譲りになる方の想いがあります。

そこで私たちが、財産を譲られる方の想いをヒアリングし、相続税の負担や、遺留分の事まで考慮しながら、財産の分割方針をご提案し、遺言書の作成までお手伝いします。